スマホ時代のメルマガ術

スマホ時代のメルマガ術

FacebookやTwitterなどのSNSの台頭とともにメールマガジン(メルマガ)は、集客の王道から外れつつあるようにも見えます。

しかし、データなどを見ていくと、実はまだまだ影響力がありそうです。

 

そこで今回は、メール利用の現状から、メルマガを取り巻く環境変化、さらには具体的な活用方法までご紹介したいと思います。

 

意外と多いメール利用

総務省による、平成25年の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」で発表されている「コミュニケーション手段毎の平均利用時間と行為者率」によると

コミュニケーション手段毎の平均利用時間と行為者率

出典:総務省 第2部 情報通信の現況・政策の動向

全体で見た平日の平均利用時間では、メールが最も長く26分、次いでソーシャルメディアが15.5分となっています。

 

確かに、ソーシャルメディアの利用時間は増加傾向にあり、10~20代の若年層ではSNS利用が群を抜いていますが、それ以外の層(30~60代)においては、メールがまだ圧倒的なシェアを誇っているのがわかります。

 

コミュニケーションツールとしてのメールは、まだまだ強い存在だと言えるのではないでしょうか。

 

メルマガ開封者の約50%がスマホで開封

セレゴ・ジャパンの運営するクラウド型英語学習サービス「iKnow!」のユーザーに対して行った、PC向けHTMLメールの受信環境調査によると、開封者の50.3%ものユーザーがスマホでメールを開封していることが明らかになりました。

 

特にiPhoneのユーザーが35%と3分の1以上を占めている点も特徴的です。(2012年11月30日配信メール 開封端末調査結果)

開封端末調査結果

開封端末調査結果

出典:MarkeZine メルマガ開封者の約50%がスマホで開封/約8割のユーザーが現状に不満【スマホでのメール閲覧実態調査】

 

企業からのメールを閲覧する際には、スマホとPCの使い分け

スマホとPCの使い分け

出典:リピート率60% メルマガ開封者の約50%がスマホで開封/約8割のユーザーが現状に不満 【スマホでのメール閲覧実態調査】

女性のほうがスマホで閲覧する傾向が強いものの、全体として88.6%もの人々がスマホとPCの両方でメールを閲覧しているという結果となりました。

 

スマホでのメール閲読に不便を感じているユーザーが約8割

スマホでのメール閲読に不便を感じているユーザー

出典:リピート率60% メルマガ開封者の約50%がスマホで開封/約8割のユーザーが現状に不満 【スマホでのメール閲覧実態調査】

何かしら不便を感じている回答は、85.2%に上りました。

 

「横にスクロールしないと全体が見られない」、「文字が小さい」などの回答が多く、企業が配信しているメールの多くがスマホには最適化されていないようです。

 

また「メールが長い」、「テキスト量が多い」という回答も目立っており、スマホではPCと比較し、情報量を抑えて端的に訴求ポイントを伝えるメールが好まれる傾向が推測できます。

 

スマホでも読みやすいメルマガのポイントとは?

スマホでの受信を意識したメールマガジンの作成方法としてPC、スマホ、タブレットなど多デバイスで読まれることに配慮したデザインすることが大切になると考えられます。

 

スマホに重心を置きながら、パソコンでもストレスなく見られる新たなメルマガの形を模索していく必要がありそうです。

 

POINT1.文章量をダイエット

パソコンとスマホにおけるメルマガ表示の違いとして、画面の幅があげられます。

スマホはより画面が狭いので、一行の文字数がパソコンの半分近くに減ってしまいます。

p1976-6

出典:ECナビ

 

全体の文章量を絞り込み、コンパクトにまとめる

スクロールが少ないほど、離脱率は低下する傾向があります。

 

ファーストビューで概要だけでも伝えられるよう、冒頭に「まとめ」をつけるなどの工夫も効果的。

 

改行を使い過ぎない

パソコン表示では違和感のない改行が、画面の狭いスマホでは冗長に見えてしまう場合があります。

 

できるだけ改行をしなくてすむように、一文の長さを短くするなどして、すっきりしたメール文面にしましょう。

 

POINT2.スマホで見やすいテキストデザインを考える

スマホ向けメルマガでは、画像や文字を手でピンチして広げてみなければ見えない場合や、機種によっては、表示そのものが行われないエラーもあるため、できるだけHTMLを使わないほうが無難です。

 

テキストならではの強調表現で補いましょう。

 

カッコを効果的に利用

よく使われる「」だけでなく、【】や《》などの機種依存文字でないカッコを使い、アピールしたいポイントを強調します。

 

使いすぎると効果が薄れるので、メルマガ全体のバランスを重視しましょう。

 

ダッシュ罫線で、すっきり区切る

いくつかの商材を並べて紹介したい場合など、テキストでの説明がだらだら続くと読みづらくなってしまいます。

 

半角ダッシュ(-)で作った罫線で適宜区切ると、文面がすっきりします。
画面幅が狭いので、短めの罫線にするのがコツです。

 

以上のような点に気を付けて、スマホで読みやすいメルマガをめざしてみてください。

 

まとめ

企業側が、PC向けメールとして配信していても、実際にはスマホで閲覧されているケースが多くなっています。

この傾向は、今後、スマホ端末の普及が進むにつれ、さらに加速するものと予測されます。

 

FacebookやTwitterなどのSNSに比べ、運用の歴史が長いメルマガ。

登録メールアドレスや顧客属性データなど、すでに蓄積されたユーザー情報をお持ちの会社も多いと思います。

 

そのデータを活用しながら、日々進化しているメール手法も活かしつつ、今後の方針を今一度考えてみてはいかがでしょうか。

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top