Google検索の新機能は混雑具合が分かる!

Google検索の新機能は混雑具合が分かる!

Googleでレストラン名を検索すると、トップページに表示されるそのレストランの詳細情報。

 

地図や住所はもちろん、営業時間や電話番号を確認できるので、予約をしたい時やこれから行こうと思っている時に重宝します。

 

Googleは2015年7月に商業施設(店舗など)を訪問するのに、何時頃にしたらよいかの判断基準を与えてくれる、「混雑する時間帯」という非常に便利な機能を公開しました。

Google 混雑する時間帯

出典:TC Google検索でショップや施設の混雑具合がわかるようになった!

「行列は嫌!できるだけ空いてる時間に行きたい!」という方にとって嬉しい機能となっています。

 

またお店側としては、その混雑状況のデータを見て「タイムセールのクーポン配信」などの販促に活かす事も出来そうです。

 

Google「混雑する時間帯」の便利な点

例えば、Googleを使って近くのショップ情報などを検索すると、検索結果のタイトル部分をクリックすれば、これまで同様に住所や電話番号、開店時間などがわかるようになっています。

 

そして新たに「繁忙時刻」などが表示され、混在している時間帯がかんたんにわかるようになりました。

 

棒グラフ形式で表示されていて、日々の営業時間なども確認することができます。

 

物を販売するお店だけではなく、飲食店やテーマパークでも訪問数の多い時間帯は出てきます。

 

コーヒーショップや買い物、フィットネスクラブなどで待つことが嫌いな人にとって、とても便利な機能になるかもしれないとGoogleは説明しています。

 

商業施設毎の「ラッシュアワー」を避けて、より効率的な時間管理ができるようになるのはうれしいことです。

 

使い方と気になるあのお店の混雑具合は?

混雑する時間帯 使用法

出典:ITmediaニュース モバイルGoogle検索でお店の曜日別混雑時間帯を表示

例えば「ブルーボトルコーヒー、ブルックリン」と入力すると検索結果に店舗のカードが表示されます。

 

これをタップするとカードが全画面で表示され、スクロールしていくと曜日別混雑時間帯のグラフがあります。

 

最初は検索当日の曜日のグラフになっているが、右上の▼をタップすることで曜日を変えることも可能です。

 

スターバックスやIKEAでもエリアによっては見る事が出来ます。

スターバックス

IKEA

出典:海外SEO情報ブログ 混雑回避に便利? 訪問数の多い時間帯をGoogleのモバイル検索とPC検索で調べる

 

東京ディズニーランド

東京ディズニーランド

出典:海外SEO情報ブログ 混雑回避に便利? 訪問数の多い時間帯をGoogleのモバイル検索とPC検索で調べる

さすがにディズニーランドは開園直後以外は空いてそうな時間帯がないですね・・・。

 

もちろん、これまでにも待ち時間を教えてくれるようなアプリケーションはあった。

 

たとえばレストラン向けにはNoWaitなどの混雑状況が分かるあぷりや、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどの人気テーマパークのでの待ち時間をおしえてくれるアプリもありますが、Googleは膨大な数のスマートフォンから情報を収集することで、待ち時間の情報などをより広範かつ高い精度で集めることができ、そしてその情報を「検索」というごく一般的な処理にあわせて提供することができます。

 

この機能は、現在全世界の100万店舗で提供されています。

 

閲覧するのに特別に必要なものはなく、最新のモバイルブラウザを搭載しているスマートフォンを使ってGoogle検索を行ったり、あるいはAndroidのGoogle Searchアプリケーションを使って確認することができます。

 

ただし、まずは多くの人が混み具合を気にしているような施設について導入を進めているところということです。

 

お店としても販促の大事なデータとなる

お店や商業施設を運営する側にとっても、混雑のパターンや繁忙時間を予測するのに利用することができます。

そして、それを販促に活かす事も出来ます。

 

例えば、閑散する曜日や時間帯を狙って「タイムセール」クーポンを配信したり、スタンプ2倍DAYなどの来店や購入を積極的に促す仕掛けを作ったり。

 

逆に混雑する曜日や時間帯を把握してスタッフの配置を考えたりキャンペーンの開始予定を決めたり・・誰でも閲覧できるので、競合店の動向をチェックしたり・・・

 

客観的なデータのため販促には有効に使えると思います。

 

まだまだ、普及には時間はかかると思いますが、今後このGoogleによる「混雑する時間帯」のデータを、来店や購入促進に活用してみるのは良い手ではないでしょうか?

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top