「食べに行きたい」と思わせるYouTubeプロモーション

「食べに行きたい」と思わせるYouTubeプロモーション

最近は、一日中スマホを手放さず、スマホなしでは生きて行けない人が増えていると言います。

 

そんなスマホ時代のテレビCMに替わる広告ツールとして、YouTubeへの関心が年々高まっています。

 

動画サービスの中でも圧倒的な利用者数を保有するYouTubeを利用したプロモーションは、今後SEOやリスティングと同じぐらい必須の集客施策となっていくでしょう。

 

YouTuber専門のマネジメントプロダクションUUUMが実施した、態度変容効果やコンバージョン率の調査によると、動画を視聴したことによる態度変容の効果は「商材に対する認知度が向上」「興味関心、好感度、購買意欲もそれぞれ約30%ポイント上昇」したといいます。

タイアップ動画視聴による態度変容効果

出典:movie-times UUUM、YouTuberを活用したタイアップ動画のプロモーション効果を検証

今回は、飲食店を例にYouTube上での動画プロモーションに活用する際のポイントをご紹介いたします。

 

お客様が食べたくなる動画のポイント

飲食店の場合、HPなどで美味しそうな写真を使うことは、大切ですが、写真だけでは「美味しそうだな」止まってしまいます。

 

「おいしそう〜!」「食べたい!」とまるで香りが漂うような具体的な”動画”の方が、「食べたい!」という来店の動機付けが強くなるでしょう。

 

「動画撮影用の機材や編集のスキルが必要なのでは?」と不安に思われる方もいらっしゃるでしょうが、「どんな内容を撮影するのがいいのか?」「食べたい!と思ってもらえるようなアピールポイントはなにか?」などのポイントを抑えれば、自分のスマホでとった動画を使ってyoutubeにアップできるようになるのです。

 

HPに動画を掲載して、地域にある多くの飲食店から、自分のお店を選んでもらうために、動画を使う

出典:https://www.youtube.com/watch?v=wfIWASYc1gA

 

数ある飲食店のなかから「選んでもらうため」に使う動画は3種類です。

 

・店長・料理長の「あいさつ動画」
・お客様の「喜びの声動画」
・「お店風景の動画」 です。

 

撮影するためのポイントは1つ、「それぞれの魅力を各1分以内で語り、トータルでも3分程度の動画におさめる事」です。

 

動画を撮影する時は、最初は緊張してしまって、「あれも伝えなきゃ」「これも伝えなきゃ」って感じで、どうしても長くなってしまいがちですが、「伝える内容を一つに絞り」1分以内に納めてください。

 

編集は必要ありません。逆に、下手に編集をしてしまうと、嘘っぽく写りますので、ありのままの声を動画で撮影していきましょう。

 

お客さんが気になるのは、「どんなお店?」「雰囲気は?」「他のお客様は?」という3つですので、この不安を解消できる動画を撮ることがポイントです。

 

あとは、笑顔がバッチリです。

 

Youtubeに動画をアップして、あなたのHPにアクセスを集めるために動画を使うこと

・大切なのは音!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=D3iiiq0smDM&feature=youtu.be

 

画に加えて、音で味わう事で、お客様の食べたいという衝動を、心に刻みつける調理動画に重要なポイントは”音”です。

鉄板でジュージュー。鍋でグツグツ。そういった美味しそうな音を、しっかりと動画に収めることを頭において撮影をしましょう。

 

・編集なしで撮るだけでも充分

味わい動画は、テロップなどの編集も出来る方であれば入れた方がいいですが、それが出来なくても、いい動画になります。

出典:http://rin-murakami.com/YouTube.html

上記は調理の行程をメインに作成された動画です。

 

見ているだけでおいしさが想像されお腹が減る動画になっています。味わい動画は、そのまま撮って、そのままFacebookやYouTubeに上げるだけでも効果は高いです。

 

音はジュージューだけじゃない

さて、料理の音というと、焼いたり煮たりする時の音に目が行きがちですが、その他の音も大切です。

 

例えば、上記の動画の56秒付近で、餃子を包丁で切る時に「ザクッ」という音を拾っています。

 

これは、いかに餃子が、焼きたてパリパリであることを証明する、味わい深い音です。お客様が食べたくなる画だけではなく、”音“は何かを、常に意識して動画を撮りましょう。

 

初心者でもスマホがあれば出来る

魅力をアップして集客をするための動画のメリットとしては、機械が苦手な素人でも出来るということです。

 

iPhoneなどのスマホを「どんな動画だったら”お腹がグーッ”と鳴るか?」を考えて動画を撮るのが大切です。

 

また編集をしたければ、動画編集アプリを利用すると機械が苦手という人でも簡単に動画編集ができます。

 

また、「動画」を利用して広く集客をする場合には、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアや、ブログやホームページに動画をアップし顧客の食欲を刺激してから、割引クーポンなどのオファーを入れるという手法が有効になります。

 

まとめ

動画によるプロモーションは飲食店の魅力を伝えて、集客やブランディングに効果を上げるために有効な手段であります。

 

インターネット動画では必ずしも撮影技術や演出、編集のクオリティーが求められるわけではありません。

 

むしろ、素人っぽさの中にあるリアリティーや「お店の魅力を伝えたい」という店主やスタッフの”熱い思い”や”人柄”が見る人の心を動かすメディアであります。

 

そういった動画販促を、外に頼まず、自社で全て行うこと。これからの飲食店が生き残るには、スマホを活用して、今日のお勧め料理や、季節の新メニュー。

 

それらを日常的に動画配信できるスキルが、何よりも重要になっていくでしょう。

 

お店の紹介により広がりを出し、見る人の心を刺激する「動画プロモーション」を導入してみてはいかがでしょうか?

スタンプス

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top