メルマガをやめようと思うのはどんな時?

メルマガをやめようと思うのはどんな時?

飲食店・ファッション・美容室その他、業種を問わず店舗にて商品の紹介やキャンペーン情報、クーポン情報をお客様にお届けする手法としてメルマガやアプリのプッシュ通知メッセージ配信を行っています。

 

今や、スマホや携帯、パソコンを所有している人(メールアドレスを所有している人)のほとんどが何からの形で企業・店舗からのメッセージを受け取っているといっても良いと思います。

 

それでは、メルマガを受け取っているユーザーはどれくらいの割合で情報を購読して、どのような理由でやめようと思うのでしょうか?

 

マーケティング・リサーチ会社の株式会社クロス・マーケティングの調査データをもとに、「どれくらいの方が企業からのメッセージを受け取っているか?」「どんな情報を求めているのか?」という事をご紹介したいと思います。

 

20代の9割はスマホを使用している

「どんな情報端末を利用していますか?」というアンケートに対しては、「スマートフォン」で71.2%、次いで多かったのは「携帯電話(ガラパゴスケータイ)」で32.2%、「タブレット」が10.5%でした。年齢別にみるとスマートフォンの所持率が最も多い世代は20代で91.3%、携帯電話の所持率の多い世代は50代で44.7%でした。

20代の9割はスマホを使用

出典:PR TIMES 女性の2人に1人がO2Oモバイルサービスを利用。情報の取得数は5件以下が70%と控えめ。ファン離脱の防止ポイントは「お得な情報」と「適度な発信量」

 

年齢別にみるとスマートフォンの所持率が最も多い世代は20代で91.3%、50代は約4割がガラパゴスケータイ、約5割がスマートフォンと所持率が二分化しているようです。

 

店舗からの情報は好みのお店を選んで登録

「店舗から配信されるメールマガジンに登録をしていますか?」という質問に対しては、入手している人は47.3%、入手していない人は52.7%と、約4割の人が店舗からの情報を入手しているという約半数づつに分かれる結果となりました。

店舗からの情報は好みのお店を選んで登録

出典:PR TIMES 女性の2人に1人がO2Oモバイルサービスを利用。情報の取得数は5件以下が70%と控えめ。ファン離脱の防止ポイントは「お得な情報」と「適度な発信量」

また、「店舗からの情報をいくつ登録していますか?」という質問に対しては、最も多かったのは「1~5個」で71.1%、次いで多かったのは「6~10個」で22.2%と、約9割の人は自分がよく行く店や好みの店を厳選して情報を入手する傾向があるようです。

店舗からの情報は好みのお店を選んで登録

出典:PR TIMES 女性の2人に1人がO2Oモバイルサービスを利用。情報の取得数は5件以下が70%と控えめ。ファン離脱の防止ポイントは「お得な情報」と「適度な発信量」

 

メルマガをやめる理由とは?

「店舗からのメルマガをやめた理由は何ですか?」かという問いに対しては、「ソーシャルメディア」「メルマガ会員」「公式アプリ」の3種類にわけて聞いたところソーシャルメディアの場合は、「頻繁だったので嫌気がさした」「しつこいから」など更新頻度の多さによる理由や「内容がつまらなかった」「興味がなくなった」などユーザーが想定していた魅力に満たなかった場合に退会をする傾向が高い事が分かりました。

 

メルマガ会員の場合は、上記のほか「メルマガの内容が長かったから」「お店を利用しなくなったから」という情報量の多さや利用頻度の減少から停止をしている傾向が高いようです。

 

公式アプリの場合は、上記のほか「メッセージが多い」「メールが頻繁で煩わしい」といったプッシュ通知やメールの配信頻度による理由や、「アプリのアップデートが多いため」「頻繁に更新される」といった気軽に使いたいユーザーが通知頻度の多さが嫌になったという理由から、または「登録しないと使えなかったから」「面倒」など、公式アプリをアクティブに使って欲しかった企業側の気持ちとライトに使いたかったユーザーの気持ちとのギャップによる理由によるものがあります。

メルマガをやめる理由

出典:PR TIMES 女性の2人に1人がO2Oモバイルサービスを利用。情報の取得数は5件以下が70%と控えめ。ファン離脱の防止ポイントは「お得な情報」と「適度な発信量」

 

まとめ

「ソーシャルメディア」「メルマガ」「公式アプリ」の3種類のやめた理由から共通しているものは「配信頻度が多い」「お得感がない」「行かなくなった」の3点にあるようです。

 

そしてやめた方の多くは気軽に使いたいユーザーが感じた「煩わしさ」によって利用を停止しているようです。

 

メッセージ配信をする際のファン離脱の防止ポイントは「お得な情報」と「適度な発信量」にあるようです。

 

来店促進のためになくてはならないメルマガや、プッシュ通知のメッセージ配信で登録していただいたお客様に継続的に受け取っていただくためにも、メッセージ配信をする際にはライトユーザーでも気軽に受け取れるような「短く、簡潔にまとめられているメッセージ内容」「登録している会員に負担のない頻度」を見極めて配信ルールや内容を決めていく必要なありそうです。

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top