「人工知能×ファッション」どう変わるのか?

「人工知能×ファッション」どう変わるのか?

人工知能を活用したサービスやビジネスがさまざまな業種で展開されています。

 

アパレル・ファッションの分野も例外ではありません。

 

2014年11月にリリースされた人工知能を活用したファッションアプリ「SENSY」は、「手のひらに、スタイリストを。」をコンセプトとした、ファッションセンスを学習し、まるで専属のスタイリストのように、世界中のECサイトからユーザーの好きなモノを集めてくる人工知能です。

 

ネット上でのスタイルやコーディネートというとそこからの「即購入=ネット通販」というイメージを持たれる方も多いと思いますが、実店舗への来店促進に活用もされています。

 

人工知能SENSYとは?

SENSY SENSY SENSY SENSY

出典:ファッション人工知能アプリ「SENSY」

「SENSY」は、カラフル・ボード株式会社が2014年11月にリリースしたファッション人工知能アプリです。

 

ユーザーは、表示される500ブランド以上の提携ブランドの服の「好き」「好きではない」を分類することで、人工知能がそのユーザーのファッションセンス「感性」を学習し、まるで専属のスタイリストのように世界中のECサイトから、ユーザーの感性に沿ったアイテムやコーディネートを提案してくれます。

 

ユーザーの感性の移り変わりや、ファッションのトレンドも自ら学習し進化ていくところが特徴です。

 

また、モデルやタレント、スタイリストの人工知能も公開されており、そのセンス「感性」に沿って商品を選ぶ事も可能です。

 

人工知能アプリでリアル店舗はどう変わるのか?

「SENSY(センシー)」はリアル店舗での接客サービスにも活用されています。その第1弾の実証実験は2015年3月「THE EMPORIUM 新宿ミロード店」にて行われました。

SENSY

出典:shopping-tribe ファッションセンスを学ぶ人工知能「SENSY(センシー)」がリアル店舗での接客サービスとして提供開始

 

店頭に置かれたタブレット端末で、ランダムに表示される15枚の商品写真を好きか嫌いかに選別、それによってAIが客の好みに合ったお薦め商品をアイテムカテゴリーごとに表示する仕組みになっています。

SENSY

出典:shopping-tribe ファッションセンスを学ぶ人工知能「SENSY(センシー)」がリアル店舗での接客サービスとして提供開始

また、利用客のヒアリングデータを蓄積・集計して、リアルタイムな人気ランキングによるトレンド情報や、事前に学習した販売スタッフのセンスをもとにしたおすすめアイテムの提案もおこないます。

 

店舗側としては接客サービスの向上と、慢性的な人材不足の解消を目的としており、利用するユーザーとしては過度な接客が苦手・できればそっとしておいてほしいと、店舗で店員に話しかけられるのが苦手という人に話をせずともおすすめアイテムや売れ筋商品を知る事ができるうれしいサービスです。

 

伊勢丹の取り組みとは?

伊勢丹新宿店では2015年9月よりこのアプリを活用し、来店者の好みに応じたファッションを提案するサービスを行っています。

 

第1弾として「イセタンメンズ」とのコラボキャンペーンを実施しました。

イセタンメンズ

出典:fashion-headline メンズバイヤーの人工知能搭載、SENSY×イセタンメンズによるアプリ期間限定で配信スタート

伊勢丹メンズのバイヤー4名がアイテムをお勧めしていく過程でアプリ内にそれぞれの人工知能が育成され、ユーザーはお気に入りのバイヤーとリンクしておくことで、第3者の視点によるコーディネートの提案がどこでも受けられることになり、来店時にあらかじめそのコーディネートが売り場に用意されており、来店できない場合には、ECでも購入ができます。

 

また、第2弾として2016年3月に女性をターゲットにしたファッションキャンペーン「FIND NEW STYLE」開催しました。

FIND NEW STYLE

出典:新宿伊勢丹がスタイリスト大草直子、亀恭子の人工知能を使い新感覚のスタイリングを提案

 

FIND NEW STYLE

出典:新宿伊勢丹がスタイリスト大草直子、亀恭子の人工知能を使い新感覚のスタイリングを提案

忙しい女性たちに限られた時間の中でも手軽にファッションを楽しんでもらえる新しいスタイルのショッピングを提案するこのキャンペーンでは、人気女性スタイリストの大草直子さんと亀恭子さんのスタイリングセンスを搭載したアプリを提供する他、今回より来店・試着予約の機能も追加となりました。

 

事前に目当ての商品を決めて予約をすると、伊勢丹のスタイリストがその商品を用意して試着の準備を整えてくれるというサービスです。

 

百貨店(リアル店舗)の場合、様々な店舗の膨大なアイテムが販売されており「自分で百貨店に行き、実際の各店舗を回ってコーディネートや欲しい商品を探す」ためには時間がかかります。

 

またネットなどで探した商品を百貨店(リアル店舗)に買いにいったものの「どこにあるのか?実際にあるのか?」分からないし、「行ってみて売り切れていた」など購入機会を逃すということも購入シーンとしてあり得る事です。

 

アプリとの連動を行う事で、多くの店舗が集まった商業施設や実店舗のウイークポイントを埋めるような「時間と場所を選ばない買い物サービス」の提供することができ、さらに「人工知能でスタイリングの提供」機能があることでより利用者のニーズにあった、また利用者の嗜好を考慮した第三者からのスタイリング提案をすることで「買い物・選択肢の幅」「ファッションへの楽しみ」を広げる事もできます。

 

まとめ

これまでのネット上のデータを活用したマーケティングは、「この商品を見ている人は他に見ている商品はこちら」というようなクッキーデータを元に、傾向を提案する事が中心でした。人工知能が発達すればより利用者の傾向にあった情報を届けることが可能になります。

 

この技術をプロモーションや広告戦略で活用できるようになると、広告も利用者によりあった情報を提供することが可能になるはずです。

 

人工知能を活用されたアプリを導入せず、リアル店舗×ネットを活用する事で「来店前のプレ接客」や、「実店舗での在庫の把握による来店促進とショールーミング化を防ぐ事」「接客が苦手なお客様にもコーデやおすすめアイテムの提案」をすることは可能です。

 

そこに「人工知能」が加わればより個々のお客様のニーズにあったサービスを提供することが可能になると考えられます。

 

「好き・好きではない」という利用者の傾向を分析し、最適なサービスを提案するということは、ファッションだけでなく飲食やビューティーなどライフスタイルの中の様々な分野で活用することができるでしょう。

 

お客様の幅広いニーズや購入シーンに対応するためにも、今後ファッションにとどまらず様々な分野で「人工知能」技術の向上と普及が行われ、手軽に活用できるようになるといいですね。

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top