スシローにみるビッグデータを駆使したIT活用モデル

スシローにみるビッグデータを駆使したIT活用モデル

今回は、最近何かと話題の多いスシローのITを駆使した取り組みについてご紹介したいと思います。

引用:ビッグデータの高速分析で、隠れていた課題や問題点を可視化回転寿司業界のNo.1を支える迅速な経営判断と店舗オペレーションを実現

スシローは、日本一フライドポテトの美味しい回転寿司チェーンだとか、ITを駆使した戦略がすごいなど、最近多方面でその名前を耳にします。

そんな話題の絶えないスシローのITを駆使した業務改善の成功例を紹介します。

スシローの取り組み

スシローのITを駆使した取り組みをいくつかご紹介します。

すし皿へのICチップ取り付け

2012年からスシローでは、回転レーンを流れる全ての寿司皿にICチップを取り付け「どこの店で、何の寿司ネタが、いつ、どのテーブルで注文されたか」といったデータを毎年10億件以上蓄積しています。

分析したデータと店長の勘・経験を合わせタイムリーに食べたい握り寿司を提供しているといいます。

分析ツールの導入

スシローでは以前Excelで商品開発、店舗のオペレーションに関する分析を行っていましたが、膨大なデータの分析に時間を要するといった課題を解決するため、2012年に分析のためのBIツール(QlikView)を導入し、業務の効率化を計っています。

積極的な取り組みの成果

スシローは上記の取り組みから、レーンを流れて時間のたった寿司皿の量を減らし、廃棄量を4分の1におさえることに成功しています。

基本原価率が50%というスシローで、廃棄量を4分の1におさえられたという成果は、かなり大きいのではないでしょうか。

また分析ツールの導入により、これまで週次で作成していたレポートを即座に提供できるようになり、商品開発や現場からのデータ抽出の効率が大幅に改善されたといいます。

回転寿司レーン

引用:山口宇部のグルメを紹介したいのよ

新しい取り組みに対する姿勢

本題からは少し外れてしまいますが、リクルートが、提供中のPOSレジアプリ「Airレジ」にて、クラウド会計サービス「freee」と連携することを発表しました。

「Airレジ」が「freee」と連携することにより、日々の売上管理から会計帳簿の作成など、店舗運営に必要となる会計まわりの作業を大幅に簡略化できるといいます。

近年、上記のようなサービスの登場により、大規模なシステムを導入せずとも店舗データの蓄積や分析を行うことが可能になってきています。

店舗へのIT導入のハードルが下がりつつある中、最も大切なことはスシローの取り組みのように、分析から得たデータを積極的に活用するという姿勢ではないかと思います。

まとめ

スシローは2011年に業界売上高No.1となり、その後もIT導入などの積極的な業務改善への取り組みから、2012年、2013年と3年連続で業界売上高No.1を維持しています。

繰り返しとなってしまいますが、スシローの新しい取り組みに対する積極性こそが、IT導入を最大限に活かし、店舗の利益へと繋げる一番の秘訣なのではないでしょうか。

スタンプス(Stamps)でも、データ分析の機能を充実させていくことで、店舗様へのIT導入をご支援してまいります!

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top