女性の心をつかむ売れる色の使い方

女性の心をつかむ売れる色の使い方

「広告を出しているのに効果が上がらない」「集客はできているのに、なぜか購買に至らない」などといった悩みを抱えている方は、「消費者の購買意欲」について考えてみてはどうでしょうか?

消費者心理と色の関係

 

購買意欲というのは、消費者が、何らかの商品を購買したいと思う意欲のことで、高ければ「商品の購入」に至りますし、低ければその商品を買う事はないというものです。例えば、世の中にたくさんあふれている「色」。何気なくデザインされている様で、実はターゲットの購入意欲を沸き立てる配色がされているのです。ターゲットとする人物像や、どのようなイメージを植え付けたいのかといったブランディング戦略に、「色」の要素は欠かせません。KISS metricsの「How do colors affect purchases?」という記事でECサイトにおける色と購買意欲についてのレポートによると、ECサイトで特定の商品を購入した理由として、「85%」の顧客が「色」を主要な理由として挙げています。

 

購買理由は色
出典:http://www.webcreatorbox.com/tech/colours-affect-purchases/

それぞれの色の持つ心理効果としては

・黄色:楽観的・若々しさ。ウィンドウショッピングをしている人の注意を集めるために使われます。
・赤色:エネルギッシュ。心拍数を高める色。緊急性があり、セール中の商品に使われます。
・青色:信頼と安全の色。銀行や企業のメインカラーとして使われます。
・緑色:裕福・リラックスを連想させる色。目に優しく、一連のプロセスを容易に見せます。
・黒色:パワフル・滑らか・光沢など。高級な商品を扱うサイトで使われます。
・紫:色落ち着き・静けさを象徴する色。美容系の商品に使われます。
・ピンク色:ロマンチック・女性的な色。若い女の子や女性に向けたECサイトで使われます。
・オレンジ色:活発・活動的な色。「購入する」「購読する」などのCTAボタンに使われる事が多いです。

 

集客心理効果
出典:http://www.webcreatorbox.com/tech/colours-affect-purchases/

 

女性の好む色とは?

女性が好む色として、あげられるのはピンクや紫です。ピンクは幸福感や甘さ、安らぎ、若さをイメージさせます。また、ホルモンバランスの活性化を促す効果もあります。紫は、女性らしい優しさを表現する特別な色、高級感を感じさせる色として好まれています。書店の女性向けエッセイ本のコーナーなどをみるとピンクや赤が多く使用されています

 

女性が好む本の色
出典:https://twitter.com/kinoumeda/status/623012227402960896

 

アサヒビールが2013年に発売した20代女性向けにピンク色の缶カクテル「ディアピンク」は、20代女性が親しみを感じるやわらかなピンク色とリボンが特徴のパッケージデザインです。
女性向けビール
出典:http://news.mynavi.jp/news/2013/02/25/211/

 

女性が好むお店の作り方

女性をメインターゲットにする場合は、女性に好まれる配色を盛り込んだお店作りをする事が大切です。外観や、内装の壁にはオフホワイトやベージュなど柔らかい色合いの白を使い、ロゴなどアクセントとなる部分にピンクや、紫を、またキラキラ光るガラス素材を添えてロマンチックなイメージを強調するなどの配色をすると特に、若い女性には効果的な色使いと言われています。女性に人気のブランド「サマンサタバサ」のお店やサイトでも使われている配色パターンです。

 

サマンサ 集客
出典:http://www.samantha.co.jp/

 

「庄や」などを展開する「庄やグループ」が、2015年7月18日、神奈川県・橋本駅前にオープンした、好きな部屋で自由に楽しめるカラオケダイニング「花(Hana)」は「ガーリー」「ナチュラル」「モノトーン」「北欧風」などのテイストのルームに、各テイストに合わせた家具や雑貨など、大人女子のハートをくすぐる店舗デザインとなっています。

 

 

女性向け庄屋
出典:http://bg-mania.jp/2015/07/16134456.html

 

上記のようにメインにするターゲットを明確にして、その心をくすぐる色の力を利用することで
自然と購買意欲を高める販促戦略を立てて売上げアップにつなげましょう。

スタンプス

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top