『オウンドメディア』って何?

『オウンドメディア』って何?

最近「オウンドメディア」という言葉をマーケティグ手法などで見聞きする事が増えた人も多いのではないでしょうか?

オウンドメディアとは?

オウンドメディアは、自社商品やサービスを広く知ってもらうための新しいマーケティング手法として、また、その会社自身のブランディング手法として、注目されています。

 

今後ますます注目され、増えていくオウンドメディアとは一体何なのか、またどのような効果があり企業で実際に活用されているのかをご紹介したいと思います。

 

オウンド=「Owned = 所有する」

オウンドメディアとは、「Owned = 所有する」メディア、つまり「自社が所有するメディア」を意味します。企業が発信したい情報を、ユーザー目線に合わせてコンテンツ化し、発信するメディアを配信するものです。その際には企業側の一方的なPRなどの情報だけで構成されたコンテンツを発信するのではなく、ユーザーが読みたい、知りたいと思うコンテンツや情報を掲載するということが大切になります。

今、オウンドメディアが 悩める企業を救う。

出典:今、オウンドメディアが 悩める企業を救う。

他にも、テレビやネットの広告を中心とした認知、集客が目的の「ペイドメディア」。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアのように、ファン化を促進する場(自社媒体除く)「拡散」が目的の「アーンドメディア」があります。その2つと比較した場合の位置づけとしてオウンドメディアは「顧客との関係構築」が目的となります。

 

オウンドメディアが注目される理由は?

オウンドメディアがなぜ今注目されているのかというと、その背景にはいくつかの要因があると考えられています。

オウンドメディアが注目される理由は?

出典:いまさら聞けないオウンドメディアの定義。サイト立ち上げ前に知っておきたい基本とは? #01

上記に上げられるような変化とその対応策としてオウンドメディアが注目を集めているのです。

 

また、オウンドメディアのサイトを開設する役割としては

・広告色を薄くして、ユーザーに読み物(雑誌)感覚で気軽に、自社のサイトに定期的にアクセスしてもらう事。
・コラムなどの形式でさりげなく自社のサービスや商品の良さを紹介することで垣根を低くして情報に接触してもらう事

などが主に上げられます。

 

「コラム形式で広告色を薄くして情報に接触してもらう」という点では記事体の広告などもありますが、オウンドメディア(自社の媒体)を運用しそのサイト内での集客力を高くする事で、自社で運用することによりその広告出稿の費用を抑える事が出来たり、好意的・定期的に読んでもらえるユーザーをファン化することができます。

 

企業での導入事例

オウンドメディアを上手に活用している企業の事例をご紹介します。

「YEs! MAGAZINE」(サッポロビール)

「YEs! MAGAZINE」(サッポロビール)

出典:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/07/15/20150

サッポロビールのオウンドメディア「Yes magazine」は、“ビールの答えが見つかるウェブマガジン”をテーマに、ビールにまつわるトリビアやビールと相性の良いレシピ、ビールの楽しみ方などのコンテンツを通じて、ヱビスビールの魅力を伝えることを目的に運営しています。

 

エビスビール自体がすでに認知度が高い商品のため、「手間のかからない少し上質なレシピ」を提供することで、間接的に「エビスビールを飲むシーン」をイメージさせ、購入への動機付けをさせるためのサイトになっています。

 

Coca-Cola Journey(日本コカ・コーラ)

Coca-Cola Journey(日本コカ・コーラ)

出典:オウンドメディア|国内11事例の分析で見えた成功パターンの4タイプ

コカ・コーラも2013年6月25日からウェブマガジンスタイルでオウンドメディアを運営しています。

 

コカ・コーラや自社商品の記事ばかりを載せて購入意欲の促進を図っていのではなく、世界にとって重要なトピック、環境・社会問題、企業ニュースを独自に執筆し、出版社のオンライン・マガジン並みに質が高いコンテンツとなっています。

 

訪問数は月間で130万を超えるなど、ブランド力を活かし高い集客力をもっています。

 

FASHION HEADLINE(株式会社ファッションヘッドライン)

FASHION HEADLINE(株式会社ファッションヘッドライン)

出典:三越伊勢丹のオウンドメディア「FASHION HEADLINE」が目指す成果目的とは?

三越伊勢丹の運営するFASHION HEADLINEは2012年12月5日に提供を開始した、ファッショントレンドを中心としたオウンドメディアです。

 

ブランドの最新情報や美容コラムなど、ユーザー視点で今知りたい情報がまとめられ、順調にUU/PVを伸ばし、2014年3月時点では月間UU70万、月間PVは300万を超え、来年度初めには500万PVに届きそうな勢いです。

 

Beauty & Co.(資生堂)

Beauty & Co.(資生堂)

出典:Beauty & Co.

資生堂とインフォバーン社が共同で運営する美容情報に関するオウンドメディア「Beauty & Co.」は、メイク、ヘルスケア、旅行、料理、アート、インテリアなど、美しさをテーマにしたノウハウをまとめています。美や健康の専門家たちの知識を活かした役立つ情報が満載です。

 

2014年4月にリニューアルされ、1日に5本以上記事を更新する日もあるなど、積極的に情報発信しています。月間で約13万の訪問数を集めるなど、リニューアル後、数字は顕著に上がっています。

 

まとめ

自社で集客力のあるサイト(オウンドメディア)を立ち上げて運営することは、定期的にユーザーに自社のサイトに接触してもらうためのきっかけになったり、自社の商品を間接的にPRすることができます。

 

また他社の集客力(広告)を借りる事なく多くのユーザーを集める事が出来るため、広告出稿と比べても高い費用対効果が期待できます。

 

オウンドメディアを立ち上げる際には、
・自社のターゲットユーザーはどんな年代・属性の人が多いのか?
・どんなことに関心を持っているのか?
・定期的にユーザーアクセスしてもらうためにはどんなコンテンツがあればいいのか?
・さりげなく自社の商品やサービスへ利用への動機付けをするためには

 

どんな基本方針でコンテンツ編集をしていくのか?などを決めて行う事が大切になります。

 

はじめから大掛かりな「オウンドメディア」のサイトを立ち上げる事はサイトの立ち上げの構築費用もコンテンツ編集にも力もコストもかかるので難しいと思われるかもしれません。

 

はじめは、ブログなど導入しやすいシステムで「継続的にコラム形式の記事を配信する」という事から始めてみて体制や、スキル、コンテンツ力を高めていく事ということも一つの手法だとおもいます。

 

長期的に費用対効果の高いネット上のファンとの関係性構築のためにも、「オウンドメディア」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top