”知りたい情報はスマホから”が主流

”知りたい情報はスマホから”が主流

インターネット、スマートフォンの普及により、20〜30代を中心に情報収集やショッピングの方法が変化をしています。

 

2016年4月7日、株式会社ジャストシステムが実施をした「ファッションコマース利用動向調査データ」アンケートによると、20代~30代女性を中心に、ファッションアイテムの情報収集がスマホにシフトしていることがわかりました。スマホに情報源にシフトした事によりどのように消費行動が替わり、また店舗としてどのような対応が必要になるのかを考えてみたいと思います。

 

利用機会が増えた情報収集ツールは?

「情報収集先」1年前からの変化

出典:「ファッションコマース利用動向調査」(前編)
※2016年4月7日、株式会社ジャストシステムより「ファッションコマース利用動向調査データ」より。

 

「1年前と比べて利用機会が増えたファッションアイテムの情報収集ツールは?」の問いに対しては、「スマホ・タブレットのWebサイト」(36.6%)、次いで「スマホ・タブレットのアプリ」(26.5%)となっています。
20代女性と30代女性で利用機会が増えたと感じている人が多く、「スマホ・タブレットのWebサイト」は、20代女性の49.5%、30代女性の43.8%が、「スマホ・タブレットのアプリ」は、20代女性の32.7%、30代女性の33.7%がそのように感じていることがわかりました。

 

また、「実店舗」を選ぶ方も半数以上あり変わらず「情報はスマホから入手するが、実物を見て決めたい」という意向は変わらないのでないかと考えられます。

 

女性が最も反応する通知は?

女性がもっとも反応する通知は?
出典:大幅割引、ポイント制度、時限クーポンも! 使えるスマホ向けアプリを駆使して、日々の買物をより楽しく!

ショップなどから送られてくる情報のなかで、女性が最も反応するものは?」の問いに対しては「LINEに届くクーポン」(28.1%)、次いで「郵送物(カタログ、DM)」(26.1%)、「スマホに届くプッシュ通知」(22.9%)でした。

 

意外にも、カタログやDMといった紙媒体の郵送物も効果が高い結果となりました。

 

スマホに届く情報の形式では、通知が画面に表示される「プッシュ通知」の反応が良いようです。

 

これは、ファッション情報だからという訳ではなく、スマホで受け取ってからの受け手の反応はどの業種でも変わらないので「クーポン付きのプッシュ配信メッセージ」を配信すると良い反応が返ってくるでしょう。

 

20代女性は購入検討時、「ショップからのSNS投稿」に影響を受ける

WEAR

出典:好きなコーデが絶対見つかる!ファッションアプリ「WEAR」をおすすめしたい理由

「1年前と比べて、ファッションに関して影響を受ける人や情報に変化があったか?」の問いに対しては、「街中の素敵なディスプレイから影響を受ける機会が増えた」(13.9%)と回答した人が最も多い結果となりました。

 

20代女性に限ってみると、「好きなブランドやショップのニュース」(29.7%)や「好きなブランドやショップからのSNS投稿」(26.7%)から影響を受ける機会が増えたと答える人も多い一方で、「街中の素敵なディスプレイ」(29.7%)や「街中のおしゃれな人」(25.7%)から影響を受ける機会が増えたと答える人も多く、リアルに実物を使ってコーディネイトされている媒体や人を参考にする人も多いようです。

 

このような結果からも、スマホからの情報収集が多くなってきてから雑誌などで提案されている情報よりも「より身近でリアルなコーデ」「自分の要望にあったコーデを検索して」知りたいというニーズが高まっていると考えられます。

 

そのためにも、ブログやTwitter、インスタグラムなどのSNSを活用してショップスタッフの「今日のスタッフおすすめコーデ」「新入荷のアイテムでコーデしてみました」「これ売れてます!」「〇〇の時にピッタリなコーデ(シーンの提案)」「人気の〇〇を使ったコーデ(流行アイテムの活用方法)」などのシーンや着回しの提案をする事で、お店のSNSが”お店に行く前にチェックする”という店舗情報検索よりも”情報源としてマメにチェックする”という身近な存在に変わり、よりショップやブランドに対してのファン度が高まることでしょう。

 

まとめ

スマホやインターネットが主な情報源になっている今の時代、ファッションだけに限らず様々な分野のネット上の口コミや、SNSの情報がメディアになりつつあります。

 

「一人一人がメディアの発信源」であり、スマホに届くメッセージを起点に消費活動をしてく消費者に対して店舗側も、「プッシュ通知でのメッセージ配信」や「SNSを利用したスタッフのリアルな商品提案」など、より消費者の目に触れやすく、受け取ってもらいやすいPR方法に変わっていく事が求めれます。

 

Webサイト、メール、SNS、紙媒体を縦割りで施策を行うのではなく、それぞれのメディアをクロスさせて相乗効果が得られるような販促策を実行していきたいですね。

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top