飲食店が集客のために実施すべき3つのこと

飲食店が集客のために実施すべき3つのこと

飲食店の経営は想像以上に大変です。

というのも、同じような規模で、同じような料理を出すお店は非常に多く、差別化を図るのが難しいためです。

味だけで勝負する時代は終わった

 

今日では、一定以上の味が保証されている店がほとんど!

料理の味が「まずい」「美味しい」という基準は一旦置いておいた方が良いでしょう。
その中で周囲のお店と差をつけるためには、やはり行動に移さなければなりません!

 

その方法はさまざまですが、ここでは3つの方法をご紹介します。

自分に合った販促方法を1つでも試してみれば、きっと結果に反映されるはずです。

【1】常連客をつくるためのポイントカード

Beer-Stamp-Card

 

来店する度にポイントが付与され、還元されるという優れもの「ポイントカード」を使えば、リピーターが増える確率は高くなります!
価格に直接反映されることで顧客満足度が向上するため、「お得感」を感じてもらいやすいのです。

長期的な視点で常連の獲得を

もちろん、店側はその分のお金を損することになりますが、それは短期的に見ればの話です。長期的に考えれば、常連のお客様を増やすことができるので、一人に対しての売上が何倍にもなるわけです。ポイントカードを導入することで、顧客情報を得られるため、ニーズに合わせたクーポン情報などを店側から発信することも可能になります。

 

【2】ホームページに力を入れる

アントニオ猪木酒場

 

消費者行動は年々変化します。現在はインターネットの普及により、行きたいお店や気になるお店がある場合には「まず検索」という方が増えています。

独自のホームページを持つサービスが近年台頭

グルメサイトのホームページや店舗独自のホームページは、是非活用してほしいツールです。

競合店が一斉に表示されるグルメサイトでは、とにかく目立つことが必要!目玉となる料理や引きのあるキャッチコピーで、店のアピールポイントを知ってもらわなければなりません。

一方、店舗のホームページでは、もう少しコアなお客様向けのツールを入れ込んでも良いかもしれません。店主のブログや、インスタグラムやタンブラーなどのSNSを活用して、もっと深くお店のことを知ってもらいましょう。

 

【3】アンケートで要望を聞こう

アンケート

 

小さなお店だと特に、「どこをどのように改善したら良いのか分からない」と悩んでいる方も少なくないでしょう。そんな方におすすめなのが、実際にお客様に改善点を聞いてしまうという方法!
スタンプスを使えば、スタンプを取得されたタイミングでスマホから簡単に回答してもらうことも可能です。

そのまま全てを受け入れてはダメ

お客様が望むことと店側が考える改善点は意外と異なることが多いんです。アンケート機能を使ってお客様の要望を知ることができれば、改善策を立てることも可能になります。
しかし、要望のままに全てを改善すれば良いということではありません。

あくまで店の良さを生かしつつ、お客様のニーズを取り入れて改善できるところはするというスタンスが大切です。そうしないと元のコンセプトや軸がブレた、中途半端な店になってしまう恐れがあります。

 

 

スタンプスでは、こちらの3つをワンストップで実施することが可能になります。

皆様からの問い合わせ、サービスの無料開始、お待ち申し上げております!

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top