スタンプカード・ポイントカードの歴史

スタンプカード・ポイントカードの歴史

財布の中に入っているスタンプカード、実は日本発祥ってご存じでしたか?

以前の記事にて、クーポンの歴史について触れましたが、今回はスタンプカード・ポイントカードの歴史を紐解いていきましょう。

スタンプカードの原点

ポイントの発祥地は米国で、1850年頃、仕入れの手違いで洗濯石鹸を大量に抱え込んだ小売業者が、包装紙にクーポン券を張り付け、何枚か貯めると絵画と交換できるサービスを提供したことが始まりとされています。

日本では1916年、北九州市の久我呉服店が始めたという説が有力で、その後徐々に広まっていきます。

ポイントカードの歴史

出典:進化するポイントカードとその将来性

 

転機 ポイントカードの誕生

ポイントカードと聞くと、ヨドバシカメラのポイントカードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
カードには大きく「ポイントカードは、ヨドバシカメラが初めに考案したシステムです。」と書かれています。

1989年4月、日本で初めてバーコードを用いたカードによってポイントカードの使用を始めた。
とあり、これがスタンプカードの歴史において転機になったのは間違いありません。

P1030498
出典:GIGAZINE

 

 

セールスプロモーションにおいて重要な役割

そんなスタンプカード・ポイントカードですが、セールスプロモーションの一種として位置づけられ、お客様に直接影響を与える手段としては主に下図に表すような4つに区分されます。

セールス・プロモーションの類型

出典:進化するポイントカードとその将来性

 

紙・磁気カードの限界

100年近くの歴史があり、すっかり私達の生活に根付いているスタンプカードも様々な課題が存在しています。

 

そんな通えないですから! 飲食店のスタンプカード難易度に女性の73.5%が不満

ポイントカード 68%は「かさばる」と不満 インターワイヤード

ポイントカードはおすすめ?それとも支配されているのが嫌?

 

スタンプカード・ポイントカードをスマートフォンアプリに

スタンプスはこのようなスタンプカード・ポイントカードの課題を解決すべく開発したスマートフォンアプリを使った集客サービスです。

その機能の一つとしてスタンプカード機能がありますが、以下、メリットをご紹介します。

 

① お店のカードをスマートフォン内に常に携帯してもらえる

② スタンプカード・ポイントカードの印刷費用がかからない

③ ランクアップや絵合わせカードなど、デジタルならではの工夫ができる
その他、システムで管理しているため従業員が友達にスタンプを一度に沢山押すといったような内部犯行も把握・防止できます。トライアル期間30日は無料でご利用できるため、運営が可能かもご確認して頂いた上で安心してご導入頂くことができます。是非この機会にホームページをご覧いただき、導入をご検討ください!

スタンプスホームページ

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top