飲食店で常連客を増やすには?

飲食店で常連客を増やすには?

どれだけ、お金を出して広告を出して集客しても、クーポンを発行して集客しても、結局、リピーターになって頂かないと、永久に、広告費と利益の追いかけっこをしなくてはなりません。

 

食店やレストランが売上を上げるために、取り組むべきことはリピート率を上げることです。
お客様にお店を気に入っていただき常連・固定客(リピーター)になってもらうことが飲食店やレストラン繁栄の鉄則です。

 

新規のお客さんに「また来たいな」「人に教えたいな」と思ってもらうきっかけはなんでしょう?
日経レストランの、「お店選びのポイント」と「常連客になる可能性の高さ」についてのリサーチデータをもとに常連客を増やすためのヒントを探していきたいと思います。

新規客は、常連客から呼び込もう

飲食店の選び方

画像出典:日経レストラン

 

消費者が初めて行く店を選んだ理由は、「友人、家族、会社の同僚などに薦められた。または連れて行ってもらった」という回答が63%と最も多く、「友人や知人のブログ、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)を見て」という初来店のきっかけも7.3%。また、「食べログなどインターネット上のクチコミ情報」という回答も36.3%を占ました。

 

つまり、新規客は誰かに誘われるか、ネットを含めたクチコミによって店を決めています。

 

そして店に誰かを誘ったり、口頭やネット上の書き込みで好意的に店を紹介してくれたりするのは、実際に店を利用し、ファンになった人たち、つまり常連客です。

常連客になるきっかけ

画像出典:日経レストラン

 

さらに、常連客に誘われた・薦められた店を、新規客が気に入って、新たな常連客になる可能性は、ほかの集客策よりはるかに高い結果となりました。

 

「友達の好きな食べ物がおいしい店だと(その友達を)連れて行きたくなる」(29歳女性)といった声からも分かるように、店に誘ったり、紹介したりするときは、相手が気に入りそうな店を選ぶことが多いためです。

 

次のお客様につながるきっかけを作るには?

また、そのお店の何に満足して次に行ってみようと思いましたか?という問いに対しては下記のような結果となりました。

新規客を常連客にするには

画像出典:日経レストラン

 

広告や口コミなど様々なきっかけで来店していただいたお客様に、料理の内容やサービスで満足していただき、ファンになっていただくことはもちろんですが、そこから「また来たいな」「誰かに紹介したいな」「次はあの人も連れてこよう」と思わせるためには、何か他の飲食店との差別化を図れるような決定力がなければいけません。

 

ネット上のつながりを大切に

新規のお客様が店を評価するポイントは何かと言えば、クーポンや割引券などの次のつながりを作るため販促物になります。

 

リピーターとなっているお客様が、リアルやSNSでオススメすることで、新規来店が生まれ、今度は、その人がオススメするという流れが生まれ、リピート率と広がりが拡大していく理想の形が、成功パターンと言えそうです。

 

当たり前のことのように感じますが、近年のSNS・スマホの普及で、この環境は以前よりも容易に生み出せるようになっていると考えます。

 

例えば、出張や旅行で、自分が良く知らない場所へ行った時、「地元の人のオススメの店へ行きたい。」と思うことがあります。そういう時には、ネット上の常連客の声(飲食店の感想)というのが、決め手になる事が多いのです。

その時に、クーポンや割引券がネット上で入手できればより競合店に一歩差をつける事ができます。

 

スタンプスの紹介クーポンについて

スタンプスはこの「ネット上のつながり」に着目し、お客様が自主的にお店のことをSNSに共有してくれる機能を提供しています。お客様が来店しスタンプを貯めた後、お店のことをFacebookかTwitterに共有すると、スタンプをもう一つプレゼントする仕組みで、日々多くの利用者がSNS上に拡散、極めて高い新規集客効果をもたらしています。

 

例えば、東京都内の飲食店でこの仕組みを導入したところ、この拡散されたSNSを通じて、1日あたり300名以上の新規のお客様がお店のスタンプス会員になっており、今では新規集客システムの主軸としてご利用頂いています。

 

SNS拡散

飲食店だけでなく、様々なお店の今後の販促展開の手法として、クーポンというユーザーにとっての価格メリットと、SNSなどの情報のメリットの両方を提供することで、相乗的な効果を発揮できるのです。

 

クーポンとネット上のコミュニティの中でのオススメされる飲食店になるか?ということを強化する事で、クーポンの効果はより大きなものになり、また新たな顧客を獲得し、常連客に繋げるといういいサイクルがうまれてくると考えられます。

 

広告だけでもだめ、おいしいだけでもちょっと弱い、その相乗効果があってこそ「次に誰かに教えたくなるお店」になるのです。

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top