アパレル業界で見るO2O型サービス

アパレル業界で見るO2O型サービス

O2Oというワードは2011年下半期から注目を集めています。

このO2Oを利用したサービス例を、アパレル業界に焦点を当て、それぞれの事例と特徴をまとめました。

 

O2Oとは

O2Oとは、Online to offlineの略称です。

つまり、ウェブ(オンライン)での活動や施策が実店舗(オフライン)での購買に影響を及ぼすことを意味します。

その行動の例として、「オンラインで商品の価格等を調べた上で店舗に行き、商品を購入する」あるいは「オンラインで配布されているクーポンを店舗で使用する」などの行動パターンが挙げられます。

O2O

出典:小さな会社の経営者の為のWeb集客実践塾

 

サービス事例

UNITED ARROWS

UNITED ARROWS

出典:UNITED ARROWS HP

UNITED ARROWSのホームページで自分の欲しい商品の情報を確認することが可能です。

取り扱っているサイズや、在庫有無もわかり、効率良く買い物をすることができます。

 

店舗とECのポイントを共通化することで、実店舗への誘導と再来店促進を可能にしました。

 

洋服の青山

洋服の青山 マイサイズ

出典:洋服の青山

洋服の青山では、買い物をより簡単・快適にするために、自分のサイズをオンラインで登録することが可能です。

マイサイズの登録を行うことで、自分の体にあった商品を検索することがきます。

洋服の青山 試着予約サービス

出典:洋服の青山

オンラインで見つけた気になる商品は、試着予約をして店舗で試着することが可能です。

このように、ウェブにアクセスしたお客様を実店舗に流し、来店促進を行います。

 

BANANA REPUBLIC

BANANA REPUBLIC

出典:RETOY’S

2012年にアメリカのブランド、バナナ・ピパブリックが行ったFacebook連動型キャンペーンFASHION TAGGING」。

 

スタイリスト考案のコーディネート20種類と、Facebookの友人の似合う組み合わせを探し、「似合うね!」ボタンを押す。

「似合うね!」ボタンを押された友人には自動的にコーディネートに用いられたアイテムが当たる抽選券を送ることができ、バナナ・リパブリックの店舗で抽選に参加することが可能になる。

「似合うね!」ボタンを押した本人にも新商品が当たる抽選会への参加券が与えられる。

 

このユニークな取り組みは、ネット上でも反響を呼び、日本でのバナナ・リパブリックの知名度を上げることにつながった。

 

GAP

GAP デジガチャ

出典:【ストア限定】夏休みは、Gapストアで毎日デジガチャにトライ! 「夏休みプレゼントキャンペーン Powered by デジガチャ」

GAPが行った2013年夏休み限定企画。

スマホでGAPストアにチェックインすると、画面上でデジガチャがまわせます。

デジガチャのくじびき結果画面を店頭のレジに呈示すると、その場で素敵な商品と交換でき、再来店を促します。

 

1つのアプリが多店舗への来店促進

ショプリエ

ショプリエ

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/shopurie/id494806491?mt=8

お店に入って入店ボタンを押すだけでポイントがたまり、加盟店で商品券やノベルティと交換できるサービス。

2015年の渋谷ファッションフェスティバルでは、ショプリエをダウンロードしているお客様に先着で5000円のクーポンを配信し、話題になりました。

 

まとめ

今回ご紹介したように、O2Oはウェブサイトから店舗への来店促進のみでなく、キャンペーンやイベントとのつながりも強くなってきています。

アパレル業界のみでなく、飲食店やコンビニ、電化製品店等様々な業界でO2Oが駆使されています。

 

今後の顧客獲得のためにもO2O戦略に注目してみてはいかがでしょうか。

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top