プッシュ通知メッセージのメリット・デメリット

プッシュ通知メッセージのメリット・デメリット

これまでは会員登録をしてもらったお客様にメッセージ配信を行う場合、メールを通してメッセージ(メルマガ)を送る事が主流でした。

 

しかし、スマホの普及とともにLINEなどのメッセージ配信方法もアプリ経由のプッシュ通知メッセージという方法に変化をしてきています。

 

プッシュ通知とは、そのアプリを起動していなくても待受画面にメッセージが届く機能のことで、ユーザー側が入力することでサーバ側から情報を引っ張る「プル型」との対比で、「プッシュ通知」といわれます。

 

メルマガ配信・メッセージのプッシュ通知それぞれのメリット・デメリットと、プッシュ通知の有効活用について考えてみます。

 

メルマガのメリット・デメリット

メールアドレスはほとんどの人が持っており、また、歴史があるので、使い方がわからない人は少ないのが最大のメリットと言えます。

 

また多くの人に同一の情報を配信する事により情報を伝え漏れがなく機会の損失がないのも利点です。

 

また、EメールマーケティングメディアMarketingProfsの記事によると、平均開封率9.7%~10%であり、開封率はメルマガの件名、配信日時に影響を受けるということが分かってきています。

 

現在では、スマホアプリのダウンロードも老若男女に浸透してきました。

 

そのため、発信者がユーザーに情報を届けたいときに、受信者が能動的にメーラーをチェックするメルマガよりも、1端末にインストールされたアプリにプッシュ通知を配信することの方が有効な場合もあるのではないでしょうか。

 

プッシュ通知のメリット

プッシュ通知の場合はメールとは異なり、「ユーザーがアプリを起動していなくとも通知を送ることができる」これがプッシュ通知最大の特徴です。アプリを閉じている状態でユーザーに情報を送れるツールはプッシュ通知のみであり、アプリにとっては欠かせない機能なのです。

 

さらに、限定のキャンペーンや新サービスの告知を打つ際など、ユーザーに届けたいタイミングを選んで発信することができます。

 

アプリを起動していなくとも通知を送ることができるということは、メリットとして、「ユーザーがアクションを起こす確率が上昇する」という点があります。

 

プッシュ通知は開封すると直接アプリを起動します。そのためアプリ内でのアクションにつながりやすいのです。

 

さらに、アプリを利用しているユーザーにのみ配信されるので、一般的にメルマガに比べ開封率が非常に高いのです。

プッシュ通知サービスを提供しているUrban Airshipが6ヶ月で5億プッシュの統計から、プッシュ通知の許諾率は平均35%〜50%だということがわかっています。

プッシュ通知の許諾

出典:moduleapps こんなにすごいの?プッシュ通知をオススメするこれだけの理由

 

プッシュ通知のデメリット

プッシュ通知には、ユーザーにとってのデメリットもあります。

 

事例によると、毎日プッシュ通知をしていたアプリがある日を境にプッシュ通知を停止したところ、停止した日からアクセスが減少し、アクティブ率や活用率も減少したそうです。

プッシュ通知のデメリット

出典:moduleapps こんなにすごいの?プッシュ通知をオススメするこれだけの理由

また、同じ内容を送り続けることも逆効果となります。

プッシュ通知のデメリット

出典:APPBANK 【アプリ開発者向け】プッシュ通知の効果を高めるテクニック

アンインストールした主な理由は「頻繁に送ってくるから」(45.1%)と「毎回同じメッセージだから」(37.3%)でした。1日に送るプッシュ通知の回数を絞りつつ、毎回違う内容のメッセージを送るよう心がけるましょう。

 

配信タイミングと配信内容がポイント

「エキサイトニュース」アプリを例に挙げてみてみると、アプリのダウンロード数は伸びているものの、実際にアプリを起動するアクティブユーザーの起動率(DAU)があまり伸びておらず、その点が課題でした。

 

下の1週間の時間帯別ユーザー数の推移を見てみると、平日の朝7時と昼12時に大きな「山」があることが確認できたため、出退社の時間帯やお昼休みにニュースを読まれるのではないかと仮説を立て、その時間帯にプッシュ通知を行いました。

配信タイミングと配信内容がポイント

出典:Googleアナリティクスによるアプリ分析の基本と改善事例

すると、通知を行った3つの時間帯にアクセスが急上昇し、再起動率も上昇しました。

 

「ニュースアプリ」を読むターゲットの属性や「どういうタイミングで読んでいるか?」というユーザーシーンを想定してプッシュ通知を行ったことが成功につながりました。

プッシュ通知 既読タイミング

出典:Googleアナリティクスによるアプリ分析の基本と改善事例

プッシュ通知機能を乱用すると、ユーザーにとってうっとうしい存在になり、かえって起動率を減らしてしまう事にもなってしまいます。

 

通知する時間帯や数は、ユーザーの反応を見ながら調整する必要があります。

 

まとめ

スマホアプリのプッシュ通知型を利用したメッセージ配信は、お客様が肌身離さず持っているスマホの画面に「○○店から○○キャンペーンのお知らせが届いていますよ」と、ある程度の内容も分かる形で画面上に表示されているためそこからのアプリの起動率も高く、メルマガと比較してもお客様に見てもらう機会が高い手法と言えます。

 

しかし、メッセージの内容や配信のタイミング・頻度によりブロックやアンインストールされてしまう事もあります。

 

そのため、「どんな人がメインのターゲットなのか?」「どんな時間帯によく開封されているか?」「反応の良い日時や内容は?」など配信後のデータの分析をしながら、試行錯誤を繰り返し送信のタイミングやメッセージの内容を考えて配信していく事が大切になります。

 

たとえばあるファストフード店の公式アプリでは、キャンペーンのお知らせや季節にちなんだ商品のお知らせを書いたプッシュ通知は反応率が高い結果が出ていたり、配信日も平日より、休日もしくは直前の金曜日に配信したほうが来店効果が上がった事例もあります。

 

プッシュ通知のメリットを理解して、試行錯誤を繰り返しながらお客様にタイムリーな情報をお届けできるようにプッシュ通知メッセージ配信を活用してみてはいかがでしょうか?

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top