ネイルサロン、ヘアサロンの集客に効くインスタグラム(Instagram)活用事例

ネイルサロン、ヘアサロンの集客に効くインスタグラム(Instagram)活用事例

今回は、ネイルサロンやヘアサロンのインスタグラム(Instagram)活用事例についてご紹介したいと思います。

Twitterを超える勢いのインスタグラム

若い女性を中心に、自分でやっっていなくても、芸能人やモデル、周りの友達がやっているなど、感覚的に普及してきていると実感されてる方も多いのではないでしょうか?
実際、数値的にも、インスタグラムの月間アクティブユーザーは3億人を突破しており、すでにTwitterの月間アクティブユーザーの数を追い越すという勢いで伸びています。
(参考:月間アクティブユーザー数3億人突破!Instagram 国内公式アカウント事例紹介 )

若者の消費行動にも大きな影響を与えるインスタグラム

そんなインスタグラムですが、若者の消費行動にも多大な影響を与えているという側面も無視できません。

(SNSに投稿する)ネタにならないことには動かないというのは、今の若者の大きな行動原則である。若者にとっては、特にリア充(=実生活が充実している)アピールが仲間内できわめて重要で、その観点からいくと、リムジンやロンドンバスパーティは格好の自慢のネタになる。
(引用:若者がリムジンにはまる、「バブルな事情」 | さとり世代は日本を救うか? | 東洋経済オンライン  )

集合写真

インスタグラムでネイル、ヘアスタイルを探す若者たち

若者から絶大な支持を得ているインスタグラムですが、実際にネイルサロンやヘアサロンではどんな使い方をされているのでしょうか?
事例として、インスタグラムをネイルやヘアスタイル選びに使われているというユーザの行動に注目してみましょう。
例えば、「#nail」などのハッシュタグで気になるネイルを探しています
(参考:instagramの「#ハッシュタグ/サロンアカウント」からネイルデザイン見つけましょ♡|MERY [メリー] )

カメラ

どんなハッシュタグをつけて投稿するの?

自分の施術されたネイルやヘアスタイルをインスタグラムにまとめられている方もいます。

また、アメブロにインスタグラムの写真を埋め込むこともできるので、ネイリストや美容師の方は、まずは気軽な気持ちでとりあえずインスタグラムに上げると良いのではないでしょうか。

ハッシュタグについては、店舗名やスタッフ名は必ず入れておきましょう。ハッシュタグを付けるとお客様の目に止まる機会も増えます。

#ネイルサロン #ネイルアート #ネイル #ネイルデザイン
#nails #nail #footnail #newnail #gelnail #nailart #pinknail #hair #美容師
#ヘアサロン #hairarrange #パーマ #美容師 #ヘアスタイル #セミロング #ヘアカラー

無料から使えて、新規のお客様にリピートしていただくサービスのスタンプスも合わせてご活用ください!

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top