集客の基本はクーポン!クーポンの歴史と3つの効果

集客の基本はクーポン!クーポンの歴史と3つの効果

今まで、クーポンを利用したことはありますか?

人生で一度もクーポンを使ったことのない人を探すことが難しいほど、クーポンは私たちの日常に溢れています。今回は、そんなクーポンについて取り上げます。

クーポンの歴史は130年近く前から

実はクーポンの歴史は古く、今から127年前の1887年の米国でコカ・コーラ社が社員を通じて無料券の配布を行ったのが起源と言われています。その後、20年ほど経って、C.W.ポスト社が、シリアルの新製品を1セント割り引くクーポンを配布しました。

クーポンの歴史

(引用:The History of Coupons

米国での開始から100年経って、日本では、1987年に法律が整備され、クーポン付きの広告がなどの発行ができるようなりました。その後1990年に、新聞の「クーポン付き広告に関する規制」が公正取引委員会によって承認されたことが普及のきっかけとなったようです。

クーポンによる影響は80パーセントを超える

MMD研究所によると、クーポンがあることによる新規購入・申込の影響度は、影響があるという割合が80%を超えていると言われています。

クーポンの影響度

また、継続購入・申込の影響についても、同じく80%以上の効果があるという結果が出ており、クーポンの有効性が改めて実証されたようです。

クーポンの影響度

クーポンによる3つの効果

クーポンによる割引を行うことの効果は主に3つあると言われています。

広告効果のアップ

1つ目は、広告効果のアップです。チラシなどに消費者の目を引くことを目的に、ファーストフードやデリバリー業態の飲食店が配布しているクーポン付きのチラシが、その代表的な例になります。

価格戦略の柔軟化

次は、価格差別(同じ商品でも購入量や消費者の特性などによって販売価格を変えて販売すること)です。価格差別を行うことで、消費者が払ってもいいと思える金額の上限に価格を設定し、売上を最大化できるようになります。

この例としては、映画館の料金が挙げられます。比較的収入の少ない学生に対してクーポンを配布し、通常料金よりも安い料金を設定することで、より多く学生客を見込むことができます。

スイッチングコストの増加

最後は、スイッチングコスト(現在使っている商品を他社に乗り換える際にかかるコストのこと)です。利用時に次回に利用できるクーポンを提供したり、スタンプカードでスタンプを付与することで、スイッチングコストを上げ、他社への乗り換えを未然に防ぐことができます。

クーポン施策ならスタンプスにお任せ下さい!

このように、クーポンを用いて割引を行うことは、短期的には客単価を減らすものの、中期的にみた時に利用回数を増やし、売上のアップに貢献します。

クーポンの効果

スタンプスでは、クーポンをプッシュ通知で送れるだけでなく、送った後にその反応・効果もリアルタイムで把握することが出来ます。通知を見たか・クーポンを開封したか・クーポンを利用したかなど、プロセス毎にその効果を確認できるため、費用対効果をしっかり押さえつつ安易な割引施策に陥ることはありません。

スタンプスに関するお問い合わせお待ちしています!

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top