プッシュ通知で集客力をアップさせる2つのポイント

プッシュ通知で集客力をアップさせる2つのポイント

従来より集客のための手段として広く活用されてきたメール配信サービス。

昨今のフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行に伴い、メール配信の集客効果は著しく小さくなってしまったと言われています。その一番の理由は、メール開封率の低下です。

コミュニケーションの形が、従来のメールを中心としたものからLINEやFacebookといったものに変わったことで、ビジネスユーザー以外のメールアプリの利用頻度が若年層を中心に劇的に少なくなりました。一方で、メルマガに代わる新たな集客手段として注目を集めつつあるのが、プッシュ通知です。

今回はそんなプッシュ通知の特性と、集客に活用する上で考慮すべき点について書きたいと思います。

プッシュ通知とは

プッシュ通知とは、お客様がスマートフォン上で、アプリを起動していなくても画面上に通知を表示できる仕組みのことを言います。

プッシュ通知

お店は、プッシュ通知に対応したアプリをお客様にインストールしてもらうことで、プッシュ通知を送ることができるようになります。プッシュ通知を活用することで、リアルタイムに情報を届けたり、クーポンを配信したりすることができます。

しかし、お客様にとってメリットの感じられない情報を通知し続ければ、リアルタイム性が強い分、不快に思われてしまい、プッシュ通知の受信を拒否されたり、アプリ自体をアンインストールされたりすることもあります。

そのため、お客様にとって如何に「価値のある情報」を提供できるかということが、プッシュ通知を行う上での鍵となります。

プッシュ通知で押さえておくべき2つのポイント

ここでお客様にとって「価値のある情報」とは何かを考えてみます。

価値

「価値のある情報」というと、割引やサービス情報など、どうしても内容にばかり意識がいってしまいがちです。

もちろんメッセージの内容がお客様にとってメリットがあるということは、最も大切な要素の一つではありますが、プッシュ通知では、通知の『タイミング』や『頻度』もとても大切な要素です。

頻度:来店頻度を考慮する

もし、半年に1回程度しか来店しないお客様に対して、毎週プッシュ通知を送ったら、お客様はどのように感じるでしょうか。

ほとんどのお客様が、プッシュ通知の受信を拒否、もしくはアプリ自体をアンイストールするのではないでしょうか。

集客を目的とする情報を送る際は、顧客の来店頻度とプッシュ通知の頻度に差が開きすぎないよう、考慮する必要があります。

タイミング:空き時間に合わせる

もう一点考慮すべき点として、通知のタイミングがあります。

通知を行う際には、お客様の生活リズムを考慮することが重要になります。
長さの長短は別として、どのようなお客様にも「空き時間」があります。この「空き時間」を明確に意識することで、プッシュ通知に適切なタイミングが見えてきます。

下記に一般的な学生・サラリーマン、主婦の空き時間のデータがあります。

空き時間データ

空き時間のスマートフォン利用率は高く、プッシュ通知を受け取りやすい状態にあるといえます。

ワンランク上の集客を実現

前述の通り、プッシュ通知は、従来のメール配信とはその特性が異なります。

内容だけでなく、いつ・どのくらいの頻度で送るかまでを考えることで、プッシュ通知ならではの特長を最大限に活かした集客が行えるようになるのではないでしょうか。

スタンプス(Stamps)では、来店頻度に応じた時間帯・曜日別のプッシュ通知など、ワンランク上の集客を実現します!

スタンプス

関連する記事
 

運営会社 22Inc.について
 

お店のリピート客と新規来客を同時に実現する集客サービス「スタンプス」を運営しております。

Back to Top